アマルファによるエッチング処理 - さくらGS株式会社

アマルファによるエッチング処理

アマルファは、化学的エッチングにて金属の表面に微細で複雑な凸凹形状を形成する硫酸過酸化水素系のマイクロエッチング剤であり、エッチング後の凸凹部分に溶かした樹脂を流し込み接合することで、より樹脂と金属を強固に接合することができます。

社会の脱炭素化の流れに応じ、小型化、軽量化が求められる産業界のニーズに応えるために、樹脂と金属を一体成形する新接合技術の研究を進めてまいりました。アマルファは樹脂と金属を一体成形する薬剤として大きな可能性があり、当社ではアマルファを活用した金属の化学的エッチング加工を、めっき処理加工の新しいテクノロジーとして位置づけ、積極的に導入しております。

またアマルファでの接合技術を活用することにより「樹脂との接合による軽量化」以外にも以下のようなことが期待できます。

  • 今までネジなどで締結されている部品を一体成型で一つの部品にまとめることで、組み立て工数を削減できます。
  • 接着剤を使わないことで耐久性に優れ、樹脂、金属の限界まで接合が劣化しません。
  • 樹脂と金属が完全に密着するため、ガスや液体を通過することもなくなります。
  • 多種類の樹脂、金属の組み合わせでの物理的接合が可能になるので、素材の組み合わせの可能性が広がります。
  • エッチングの量などで表面処理の状態を数値管理が可能になり、品質管理が担保できます。

当社では、上記のような特徴を持つ接合技術と、量産体制が構築していくことで、様々な産業分野への貢献が可能になると考えています。

※「AMALPHA / アマルファ」はメック株式会社の登録商標です。

アマルファによるエッチング処理のポイント

さくらGSのアマルファエッチング処理

  • 樹脂と金属の新接合技術!接着剤や締結部品は不要!
  • 試作1個からOK!
  • 銅やSUS等幅広い素材に対応!
  • 素材の処理試験にも対応!

新技術における7つのメリット

樹脂と金属が界面レベルで接合することにより、樹脂と金属のそれぞれの特徴を最大限に引き出した、今までにない新しい設計・機能の部品を作ることが可能となります。

① 軽量化

強度が必要な部分のみ金属にし、それ以外を樹脂に置き換えることで部品の軽量化が図れます。金属材と樹脂材の組み合わせは、こちらをご参考ください。

② 強度強化

金属の特徴の一つとして、強度に優れる点があります。金属を直接接合することで、樹脂に不足していた強度や耐久性を補うことができます。

③ 耐久性

樹脂と金属を接合技術では、物理的に接合しているため、樹脂や金属が劣化しない限り、理論的には接合時の強度が永久的に持続します。また、接着剤を使用していないため、経時や環境変化による劣化を心配する必要がありません。

④ 耐水(気密)性

樹脂と金属の接合技術を用いると、2材料の界面レベルでの直接接合が可能となるため、接着剤や締結部品を使用せず、耐水・密閉性を保持することが出来ます。

⑤ 耐薬品性

金属部品に耐薬性のある樹脂を接合することで、簡易に耐薬性を付加することが出来ます。これにより、金属表面の腐食を防止する特殊コーティングや物理的に液の接触を防止するシールドを施す等の対策が必要がありません。

⑥ 絶縁性

樹脂の特徴の一つとして、絶縁性を持つことが挙げられます。本接合技術を用いることで、必要な箇所のみに絶縁性を持たせることが可能です。これにより電気的な短絡等が考えられる箇所について、短絡防止のスペースを意図的に設ける必要がありません。

⑦ 表面積増加

エッチングによる金属表面への無数の穴形成により、垂直方向への表面積を増加させることが出来ます。液体や気体などとの接触面積の増加による放冷性能向上や電気放電部の増加も期待できます。

適用可能な材料がこんなに沢山

表面粗化処理を活用した物理的接合のため、ほぼ全ての樹脂に対して接合可能です。

樹脂・金属接合マトリクス

AISUSCu
PPS
PA6
PA6T
PA66
PA11
PA12
SPS
PPA
PBT
LCP
PEEK
ABS
PP
POM
フェノール
エポキシ
NBR

◎:射出成形で接合 → 樹脂破壊
○:熱圧着で接合 → 樹脂破壊
△:射出成形または熱圧着で接合 → 樹脂破壊せず 1MPaの接合強度
ー:評価データなし

※このデータにはユーザー様での評価結果も含まれております。

樹脂と金属を接合する仕組み

アマルファによるエッチング処理 | さくらGS株式会社

サンプル① Cu材の場合

アマルファによるエッチング処理 | さくらGS株式会社
サンプル① 処理前(×200)
アマルファによるエッチング処理 | さくらGS株式会社
サンプル① 処理後(×200)
アマルファによるエッチング処理 | さくらGS株式会社
サンプル① 処理前(×3000)
アマルファによるエッチング処理 | さくらGS株式会社
サンプル① 処理後(×3000)

サンプル② アルミ材の場合

アマルファによるエッチング処理 | さくらGS株式会社
サンプル② 処理前(×200)
アマルファによるエッチング処理 | さくらGS株式会社
サンプル② 処理後(×200)
アマルファによるエッチング処理 | さくらGS株式会社
サンプル② 処理前(×3000)
アマルファによるエッチング処理 | さくらGS株式会社
サンプル② 処理後(×3000)
対応規格等
RoHS指令など環境規格
処理実施工場
横浜工場

お気軽にお問い合わせください。045-453-7121受付時間 8:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。
亜鉛めっき - さくらGS株式会社
亜鉛合金めっき

合金はある金属に別の金属(または金属)を混ぜてできるものであるため、混ぜるものの質量・割合や特性に左右され性能が決まります。そのため、合金めっきは様々な特性があり、非常に幅広い用途で使用されています。

詳細はこちら
無電解ニッケルめっき - さくらGS株式会社
無電解ニッケルめっき

ニッケルは錆びにくい性質を持つ金属であり、色調や強度、強磁性などは鉄に似ていますが、鉄のように錆びることは比較的なく、高い耐食性を持っています。数あるめっきの中でも硬度が高い皮膜を形成することが可能です。

詳細はこちら
YCコート(メタスYC) - さくらGS株式会社
YCコート(メタスYC)

YCコート(メタスYC)は亜鉛・アルミの金属フレークとクロムフリーの特殊バインダーで構成される、焼付け型防錆コーティング処理です。亜鉛とアルミのフレークが重なり、有機金属バインダーによって強固に結着します。

詳細はこちら
電磁波シールド樹脂めっき - さくらGS株式会社
電磁波シールド樹脂めっき

電磁波シールド樹脂めっきは、プラスチックの表面に均一な金属膜を形成することで、プラスチックの物性を活かしながら。金属材料に近い電磁波シールド効果を得ることができるめっき処理です。

詳細はこちら
アマルファによるエッチング処理 - さくらGS株式会社
アマルファによるエッチング処理

アマルファは、化学的エッチングにて金属の表面に微細で複雑な凸凹形状を形成する硫酸過酸化水素系のマイクロエッチング剤であり、エッチング後の凸凹部分に溶かした樹脂を流し込み接合することで、より樹脂と金属を強固に接合することができます。

詳細はこちら
品質保証方針
品質保証について

さくらGSは、めっきの品質を維持・向上する保証。低価格の保証。納期の保証。そして、サービスの保証。トータルの保証を目指します。当社は、ISO 9001(品質認証)を2012年に取得し、様々な計測器を用いて品質の安定に努めております。

詳細はこちら